結婚式の二次会参加費、一般的にはいくらくらいが妥当なのでしょうか?

結婚式の二次会、会費制にしたけどいくらくらいに設定するのが妥当なんだろうとお悩みの方も多いと思います。披露宴も出席してくれる人にしてみたら、ご祝儀も出したうえに、二次会参加費も高額だったら何だか不公平に感じるかも知れません。

また、出席者との親密度によって、高額でも気にならない等意見が分かれるところでしょう。

財布とお金

平均でみんないくらくらいからなら納得する?

ネット上では3000円でも高い!という意見も見かけましたがどうでしょう、普通の飲み会でも割り勘にしたら3000円くらいは払っていませんか?

おめでたい席でもありますし、3000円では特別感が全くないように思えます。また、披露宴に出ていない人は、二次会の会費にご祝儀の気持ちも含まれますから、やはりここは5000円~が気持ちよく払える額、と言えそうです。

ちなみに二次会の幹事さんがお札を数える手間を考えると、5000円札一枚をさっと出して終わりというのは手際もよく、また今話題の二次会サービスの会社に依頼する場合でも、提携の会場を使えば関東でも5000円程度で余興のサポートや司会がついたりと様々なサービスを受けられるそうです。

スマートな受付に繋がりそうですね。

高すぎる二次会行きたくない!あまり高すぎると辞退者が出てしまうかも

5000円~が望ましいと先ほど触れましたが、それでは上限はいくらくらいが妥当でしょうか。会場のランクなどにもよるでしょうが、5000円以上なら一般的に7000円、8000円というのが多いようです。

これは縁起担ぎの要素もあるようで、ラッキーセブンとか、末広がりの「八」の意味を込めて、という事のようです。たくさん飲食する男性は8000円、女性は7000円と差を設ける事もあるようです。

せっかく豪華なお料理が出ても、たくさん食べる男性と、あまり食べられない女性が同じ料金というのは不公平だという意見もあります。

このように、結婚式の二次会会費ですが、一般的には5000円~8000円程度が妥当なようです。でも忘れて欲しくないのは、会費など気にせずにご友人の晴れの門出を祝ってあげたいという気持ちですね。

そういう意味も込めて、みんなが気にならない範囲の参加費設定は重要だと言えます。