二次会に誘われない人の様々な特徴について

思い悩む男性

二次会に誘われない人の特徴

楽しく一次会をしていたのにもかかわらず二次会に誘われない人の特徴として

  • 空気を読む事ができない
  • ごく少数のコミュニティとばかり話してしまう
  • 悪い酔い方をする

等が挙げられ男女ともに嫌われる特徴となっています。一次会では会の主要人物の広い意味での関係者が集められるものですが、より親密な者同士で行う二次会において、悪い特徴を思っている人は誘われずらい傾向にあります。

酒癖が悪い、主要人物を押しのけ目立ってしまう、空気の読めない、といった特徴は一般社会においても嫌われるワースト3に入る特徴であり、一般常識ともとれるこれらマナーがなっていない人は二次会においても距離を置かれるという事なのです。

人の悪口ばかり言う人も誘われない

人の悪口を日常的に話している人は基本的に印象が悪く映ってしまいがちです。言伝にその人に悪印象が二次会の主催者に届いてしまった暁には、二次会に誘われないことも十分にあるのです言葉には気を付けなければなりません。

二次会というのは一次会と比べ楽しく会を行うことが多く、その参加者の一人が終始人の悪口しかしゃべらず、事前にその人の情報を得たのであれば誘われないのは当たり前です。

そのような人が誘われないことを察知し無理やり参加を求めて無理やり参加をしてしまった場合には、二次会の参加者たちは決して良い顔をすることは無くより一層嫌われる原因となってしまうのです。

とにかくマナーを守らない

二次会でのマナーとして「お金を払う」「楽しく会を行う」「人に迷惑をかけない」等が上げられますが、二次会において嫌われる人はこれらのどれも守らずまるで自分が主役かのような振る舞いで場を乱し不快にさせる人のことです。

お金を払い酔いつぶれるまでお酒を飲まず周りに協調し暴力しないということが楽しく二次会を行う最低限のマナーです。この最低限すら守れない人であれば二次会に誘われることはあり得ませんし、今後生きていく上で人から嫌われ続ける人生を送ることになるので悪い態度を改めましょう。